KANSAI UNIVERSITY

TOPICS |2015年03月24日

  • twitter
  • facebook

「関大は卒業できません」卒業式・修了式を挙行

関西大学(学長:楠見晴重)は、平成26年度卒業式・修了式を3月20日(金)と23日(月)に関西大学 千里山キャンパスにて実施しました。

当日は学長より「関大は卒業できません」というメッセージを送辞として述べたほか、3月11日(水)に発表された本学の新ブランドスローガン“関大には、人がいる。”という文字が施されたフォトフレームが設置され、学生の門出を華やかに演出しました。

フィギュアスケートで活躍された織田信成さん(同大学院・文学研究科)も23日(月)に修了式を迎えました。修士論文のテーマは『フィギュアスケートにおける精神的強靱さを育成するための教育的観点におけるコーチング』今後について「指導者として五輪選手を育てることが夢。素晴らしいコーチになって、関西大学に貢献できるようになりたい」と述べました。

「卒業しても、関西大学の『人』を卒業することはありません。これからも関大の『人』らしく、明るく、思いやる気持ちを持ち、人懐っこく、『考動』を忘れずに、世の中を大いに元気にしてください」このような想いを込めて「関大は卒業できません」というメッセージを卒業生への送辞としたほか、同内容の新聞広告を3月20日(金)に掲出し、みなさま方へお伝えいたしました。今後は、“関大には、人がいる。”を基軸に新しい関西大学を目指してまいります。

一覧へ戻る

ページトップへ